お問い合わせ・お見積は完全無料!

0800-800-7388 《首都圏対応》     受付時間 平日8:30-18:00
無料お見積はこちらから

給排水工事のサンコウ設備TOP > コラム > キッチンリフォームの留意点

キッチンリフォームの留意点

キッチンリフォームのポイント


リフォームの中でも大がかりな作業が必要で、費用もかかりがちな場所がキッチンリフォームです。しかし、普段から料理をするのであれば、キッチンで過ごす時間も長くなるため、ポイントを押さえたリフォームをすることが必要になります。注意したい点はいくつかありますが、まずお手入れのしやすさを重視する人は少なくありません。キッチンは油跳ねをすることもあれば水がかかることもあり、調味料こぼれも気になりがちです。リフォームをするにあたって、汚れを掃除しやすい素材を使うなど、手入れしやすい環境にすることを考えると、後々の生活が楽になります。
収納を十分に確保することも大切なポイントです。キッチンでは、大小さまざまなアイテムが使われます。今後も便利な調理器具やお気に入りの食器などが増える可能性も考えられます。リフォームの際には収納力と、取り出しやすい環境を整えると、料理をすることも楽しくなるでしょう。

そして身長や作業の動線に合わせた設計も、重視する必要があります。作業用のカウンターなどは夫婦それぞれの背丈に合わせる、あるいはこれまでに慣れている高さを選ぶと料理がしやすくなります。また、冷蔵庫と流しは近い方がいい、電化製品の位置にこだわりがあるなど、調理の動線も考えておくとリフォーム後に使い勝手が向上します。
広さもよく考慮しなければなりません。大きすぎるキッチンコンロを置いてしまったために作業スペースはほんのわずかとなり、置ける家電も限られてしまうなどということもあり得ます。生活スタイルや確保できるスペースに合わせた設計が重要です。

キッチンリフォームのこだわりの例


キッチンは日常的に使われる場所だからこそ、使う人にはこだわりがあるでしょう。いろいろなキッチンリフォームの施工例を参考にしてリフォームを行うと、より便利になったり、デザイン性が高く仕上げられたりする可能性があります。キッチンリフォームのこだわりの例には、例えば次のようなものがあります。
まずはパントリーをつけるという工夫です。パントリーという食品庫は、たくさんの食材や普段使わない調味料などをしまえてとても便利です。しかし一定のスペースを確保する必要があるため、代替案として床下収納を作る例もあります。
床材へこだわる人も多くいます。タイルには掃除しやすく汚れが目立ちにくいという利点があるので、キッチンの床にはタイルを利用したいという人は多いです。他にもせっかく長時間を過ごすのだから自分の好きな床材にしたいと考える人も少なくありません。

対面式やアイランドキッチンなど、キッチンの形状を先に決定することもおすすめです。子どもが見えるような形で料理がしたい、キッチンに付属したカウンターで食事をして食器を運ぶ手間を減らしたいなど、人によって取り入れたい意見はさまざまです。お子さんと一緒に、もしくは夫婦2人で料理がしたいという人は、通路の広さへもこだわると良いでしょう。

キッチンリフォームの注意点


キッチンリフォームには失敗談も多いです。よく使う場所だからこそ悪い点も目についてしまいがちですから、注意点はしっかり押さえておきましょう。まず注意したいのが将来のことを見据えた設計になっているかということです。例えば小さな子どもがいるとその子に合わせてしまいがちですが、子ども用の対策が数年後には不便で邪魔になる可能性は高いです。子どもにも合わせつつ、将来的にも便利なシステムを取り入れられるようにします。また、年齢を重ねることで起きる問題にも対応しなければなりません。既に高齢の方がいる場合は筋力の低下など、今よりも不自由になることも考えられます。高すぎる位置に収納を設けない、開閉に力のいるような設備は避けるなどの工夫が必要です。
家電の買い替えを考慮していなかったという事例も見られます。現在の冷蔵庫にぴったりのサイズでキッチンや大きな家具を配置してしまった場合、買い替えの際に別のサイズを選ぶことができません。家電はいずれ買い替えると考えて、家電の変化に合わせられるレイアウトになっているかどうかを考えておきましょう。

ゴミ箱を置くスペースに関する問題も多くあります。キッチンにはゴミ箱を設置することが求められますが、ゴミの分別の多い地域では特に複数のゴミ箱を置くことが必要となります。そうなるとスペースが狭かったり、そもそも置き場所を考えていなかったりするケースがあります。置き場所がないとゴミ箱を通路に置くことになってしまい、作業スペースが圧迫されたり通行の邪魔になったりします。ゴミ箱を設置する場所はどこにするのか考え、はじめから空間を取っておくようにしましょう。
コンセントが少なかったり届かなかったりするといった事例もあります。キッチンではたくさんの家電が稼働することが多く、今後便利な家電を買い足す場合も考えられるので、コンセントの位置や個数にはこだわりを持っておくと良いでしょう。特に大型家電を置く位置にはコンセントがあった方が利便性が高くなります。延長コードを使用すると作業動線の邪魔になる場合もあります。

次の記事へ

施工対応エリア

東京都全域対応(西多摩部・離島を除く)
埼玉県全域対応(秩父市・秩父郡を除く地域)
横浜市全域・川崎市全域・葉山町・相模原市・座間市・綾瀬市・海老名市・厚木市
松戸市・市川市・浦安市・船橋市・習志野市・鎌ヶ谷市・八千代市・千葉市・柏市・流山市・我孫子市・野田市・市原市・木更津市・君津市(北東部除く)

ページ
トップ

無料お見積