お問い合わせ・お見積は完全無料!

0800-800-7388 《首都圏対応》     受付時間 平日8:30-18:00
無料お見積はこちらから

給排水工事のサンコウ設備TOP > コラム > 大規模マンションで宿命の排水管の更新

大規模マンションで宿命の排水管の更新

大規模なマンションのオーナーになれば更新は宿命


マンションの管理は、建設段階から10年20年以降の更新を見越して改修費、管理費などを計算し、運営を行っていきます。銀行融資を受けるときにも、マンションの補修や改修費は積立金として賃料とは別会計にし、用意をします。その中でも避けては通れない事項として、給水管や排水管の修繕が必要になります。
排水管は年数が経過することによりさび防止のコーティングがはげてしまい、劣化が進みます。そのことが原因で、つまりや漏水などのトラブルが見られることもあります。また、寒冷地の東北や北海道であればさびなどのほかにも冬期間の収縮や、水が凍結することによる排水管のダメージが蓄積されていきます。最終的に給水管が破損していまい、交換が必要になることも考えられます。
更新はマンションオーナーであれば避けては通ることができない、まさに宿命ともいうべき問題です。放置すればさらに状況が悪化してしまうリスクがあります。早い段階でマンションのことを考えるのであれば、早めに補修や交換をするために業者へ依頼することが肝心です。給水管であれば、さびなどの異常が発見された場合、すぐに入居者から連絡があり、調査で原因を特定することができます。しかし排水管の場合、異常に気づかないことが多くなります。漏水や悪臭、流水の変化など異常を探知したときには既に排水管に重大なトラブルが発生しており、手遅れになっている可能性があります。
オーナーとしてマンション経営をするうえで、排水管の補修や管理はマンション運営の計画として欠かすことができない予定事項です。建設して10年以上経過した段階で、入居者から申し出がなくても一度点検を行い、異常をチェックしてみるなどの確認をしておくほうがよいでしょう。

更新は信頼できる業者に任せる


排水管の調査や補修、修理を専門としている業者は全国に多数あります。防さびのコーティング技術や配管の補修の技術などは業者ごとにノウハウの違いがあり、マンションの規模や予算などに応じて内容が異なるので、選ぶときに迷ってしまうオーナーも少なくありません。
そのようなとき、業者を選ぶ際の一つの目安となるのが過去の実績です。過去に多数のマンションを扱ったことがある業者であれば、補修のためにどのような工事が必要であるか、予算や見積もりに対しても的確に提示することができます。金額が安い業者であっても十分に補修工事をしてくれない業者である可能性もあります。数年後に同じトラブルが発生してしまえば本末転倒になってしまいますので注意をしましょう。
そのようなことがないように、本当に信頼できる業者を選んで任せることをおすすめします。メーター周りの調査、排水管内の内視鏡調査、既存の排水管のクリーニングをして配管自体の寿命を延命させることができる技法などを備えている業者は依頼しやすいといえるでしょう。最終的に大掛かりな排水管を全て撤去する工事をするよりも、十分なメンテナンスを業者に任せるほうが最終的に補修費用を安くすることができる場合もあります。

実績豊富な業者ならノウハウも多数


排水管は経年劣化でさびや破損が生じることはやむを得ず、更新や補修はある程度は必要なメンテナンスです。補修方法はコーティング技術一つを比較しても、実績がある専門の業者とそうでない業者では、技法や技術に違いがある場合もあります。実績が豊富で、見積もりの段階で補修の内容を具体的に提示してくれる、信頼できる業者に任せるのがよいでしょう。
またコストを削減することを考える場合は、中間マージンをカットして一括して任せられる業者へ依頼をするほうが最終的な費用の負担を軽減することができます。営業マージンや発注先の業者が違う場合、その分余計なマージンとしてコストが発生しています。専門の排水管の補修、修理を専門とした業者であれば、そのようなコストが発生せず、高い技術と明瞭会計で見積もりを提案してもらえるため安心できます。
排水管のことは全く知識がなく、トラブルが発生しても何から始めればいいか分からない、というマンションオーナーのほうも少なくありません。そのようなとき、どの業者でも技術も費用もそれほど変わらない、と思い込んでしまうのは大きく損をしてしまう可能性があります。排水管の更新は一度の補修や修理、メンテナンスだけではなく、マンション経営を続けていく限り付き合い続けなければならない必要不可欠なランニング費用です。
中長期のマンション経営を考えるなら、信頼できる業者へ見積もりを依頼します。工事の内容の説明を受けて、今後10年20年後を見据えてどのようなコーティングやメンテナンスをしたほうがよいか、提案をしてもらいましょう。見積もりから会計まで明朗会計で対応してくれる信頼できる業者であれば、心配せずに任せることができます。排水管のことは、一見すると普段はあまり触れない問題だからこそ、適切に対処するときには信頼できる業者を探すことが求められます。後でトラブルが再発しないためにも、アフターサービスも安心して任せられる業者がよいでしょう。

次の記事へ

施工対応エリア

東京都全域対応(西多摩部・離島を除く)
埼玉県全域対応(秩父市・秩父郡を除く地域)
横浜市全域・川崎市全域・葉山町・相模原市・座間市・綾瀬市・海老名市・厚木市
松戸市・市川市・浦安市・船橋市・習志野市・鎌ヶ谷市・八千代市・千葉市・柏市・流山市・我孫子市・野田市・市原市・木更津市・君津市(北東部除く)

ページ
トップ

無料お見積