お問い合わせ・お見積は完全無料!

0800-800-7388 《首都圏対応》     受付時間 平日8:30-18:00
無料お見積はこちらから

給排水工事のサンコウ設備TOP > コラム > 工事業者に相談して納得した上で給排水工事を行うようにしよう

工事業者に相談して納得した上で給排水工事を行うようにしよう

給排水設備はメンテナンスなどが必要


きれいな水を供給する給水設備と、汚水や雨水などを排出する排水設備を合わせて給排水設備と呼びます。公共施設や商業施設では無料で給排水設備が使えるためか、何もしなくても給排水が使えて当たり前と考える人もいますが、給排水設備を問題ない状態にしておくためには、定期的なメンテナンスと工事が不可欠です。給排水工事して設置した新しい設備でも、メンテナンスなどをしないと劣化するのが早まって、水漏れや詰まってしまう事があります。何もしないままだとすぐに問題を抱えた状態になりますから、定期的に点検する必要があります。トラブルが発生してから対応したのでは手遅れとなることもあるので、こまめにメンテナンスしなくてはなりません。
マンションのような大きな施設の場合は、給排水に関する設備も大きくなりますので、具体的な修繕計画を立てておく必要がありますが、給水管については使用されている材質により更新する時期が異なることを理解しておきましょう。更新工事をする目安としては、亜鉛めっき鋼管は10年から15年ごと、硬質塩ビライニング鋼管は約30年ごととなっています。最近使用され始めたステンレス鋼管は、築20年以降が更新工事する時期の目安となっています。ただし、防食継手の有無や使い方によって給水管の寿命が大きく異なるので、実際に調査をしながら更新工事する時期を決定することが大切です。資料を調べて計算するだけで工事の時期を決定するのではなく、業者に調査を依頼して相談しながら修繕計画を検討するようにしましょう。

給排水設備に行う試験や調査の内容


給排水工事をする前に、どのような調査が必要なのかも理解する必要があります。マンションの管理組合が主導して調査する場合でも、調査の方法や結果を理解できないようでは、修繕計画について確かな考えが持てません。それでは、自分が希望するようにマンションの維持することができなくなる可能性もありますから、調査に関しても理解しておくようにしましょう。
給排水に問題がないか確認する方法として、耐圧試験や漏水調査などがあります。耐圧試験は給水管に現状よりも高い水圧をかけて、トラブルの原因がないか調査する方法です。耐圧試験をすることで漏水を未然に防げますので、定期的に試験するようにしましょう。漏水調査の方法は内視鏡カメラやサーモグラフィ、電気抵抗試験など多数あって、給排水の両方で行います。給排水設備の規模や予算などに応じた調査方法が用いられ、特に漏水の可能性の高い個所だけ調査を行うこともあります。一般的な調査を実施したり業者の提案をそのまま受け入れるだけではなく、給排水設備の実情や使用できる予算などのことも考えて業者に相談するようにしましょう。
このような試験や調査を行うことは、修繕工事の費用を抑えることに繋がりますので、定期的に行うことが大切です。問題なく使用できているのだから調査などは控えようと考えてしまうと、結果的に修繕費が高くついてしまうこともあります。見積もりや相談などは無料で対応してくれますので、業者に連絡してみましょう。優良な業者は、依頼主の実情や要望に応じて、適切なプランを提案してくれます。

給排水工事の流れ


給排水工事などは、まず業者と相談を行って工事の内容などを決めていきますが、仲介業者や設計管理業者などを間に介すると、十分な意思の疎通ができなかったり余計な費用が発生するので、直接工事業者と取引するのが最適です。工事を行う業者と直接やり取りすれば、打ち合わせも円滑に進みますしコストダウンも可能となります。工事についての話し合いが進むと、現在の給排水設備の状況を把握するための確認が行われ、見積書が作成されます。提出された見積もりに書かれた内容が納得できるものか、作業内容や費用などの詳細を確認しましょう。内容に問題がなければ契約を締結し、工事に関して役所に申請します。給排水工事や役所への届け出などは、指定の工事業者しかできないという点に注意して下さい。

役所への申請が終わると工事が始まり、工事が完了すると設備が問題なく使えることが確認されます。工事が完了すれば業者の確認だけで満足せずに、自分達でも給排水を使って問題ないことを確かめましょう。工事後、気になる個所があるにも関わらず放っておくと、工事に不手際があったのか新たに問題が発生したのか分からなくなってしまいますので、できるだけで早く確認して業者などに連絡する必要があります。工事に関して保証期間がある場合は、どのような内容がいつまで保証されているのかも調べておいて、問題が発生した時はすぐに対応してもらいましょう。マンションなどの共用部分については、何か気になったことがあっても責任者に連絡するのを躊躇ってしまう人もいますが、放っておくと大きな問題に発展する可能性もあるので、早目に連絡して問題を解決する必要があります。

次の記事へ

施工対応エリア

東京都全域対応(西多摩部・離島を除く)
埼玉県全域対応(秩父市・秩父郡を除く地域)
横浜市全域・川崎市全域・葉山町・相模原市・座間市・綾瀬市・海老名市・厚木市
松戸市・市川市・浦安市・船橋市・習志野市・鎌ヶ谷市・八千代市・千葉市・柏市・流山市・我孫子市・野田市・市原市・木更津市・君津市(北東部除く)

ページ
トップ

無料お見積