お問い合わせ・お見積は完全無料!

0800-800-7388 《首都圏対応》     受付時間 平日8:30-18:00
無料お見積はこちらから

給排水工事のサンコウ設備TOP > コラム > 排水管の工事が必要になるのはこんな時

排水管の工事が必要になるのはこんな時

つまりや逆流がたびたび起きていませんか


水を流してもなかなか水がなくならない、逆流して溜まっている水の量が増えたといったことはありませんか。よくこのような現象はトイレで起こります。トイレで発生した場合、比較的軽微なものであればラバーカップを使って解消することも可能でしょう。そのほかキッチンの場合には、パイプクリーナーなどを使って問題解決できるかもしれません。しかし、つまりがひどくなるとこのような市販品や素人による対策だけでは不十分になります。そういった場合は専門業者に依頼したほうがいいでしょう。ローポンプやハイスパットといった業者仕様の器具を使って対処します。
ただ、それでも中には解決できないケースもあります。この場合には、そのさらに先で問題が起きている可能性が考えられます。つまり、排水管・下水管でつまりが発生している可能性です。このような場合には、トーラーや高圧洗浄機などを使って、配水管の洗浄を行います。こうしてつまりの原因となっているごみなどを取り除いて対処します。しかし中にはこれだけでは対処できないケースもあって、配水管を丸ごと交換するような大掛かりな工事が必要になる場合も出てきます。
先ほど紹介したラバーカップやパイプクリーナーなどで対処したけれども、つまりや逆流がなかなか解決しないというのであれば、業者に速やかに相談したほうがいいでしょう。

つまりが起こる原因にはどのようなものがあるのか


つまりや逆流が起きる原因はいくつか考えられますが、工事などではなく比較的簡単に問題解決できるのはいわゆる異物によるつまりです。トイレに入った時にトイレットペーパーを一度に大量に流す、キッチンの排水溝に食べ残しを流してしまう、誤ってスマホをトイレに落とした場合など、本来流すべきではないものを流してしまうとそれがつまりの原因となることがあります。その他には長年時間をかけて、パイプの内側に汚れが溜まって、下水の通り道を狭めてしまって、それが排水の流れにくさにつながっている可能性もあります。このような場合にはそのつまりの原因となっている異物を取り除くことで問題は解決します。トイレにスマホを落としてしまった場合、便器を取り外して異物を確認し、除去する作業が一般的です。
これ以外の原因だとある程度の工事が必要です。まず勾配不足が原因のケースです。排水管はある程度の傾斜をつけています。そうすることで自然と水が流れるようにしているわけです。もしこの十分な傾斜が排水管の中で確保されていないと、途中でつまりが起きたり、逆流したりします。もしこのようなことが原因で排水がスムーズにいかないのであれば、勾配をつける工程を含める必要があります。排水管が逆に傾いてしまっているのであれば、そのものを交換する工事をしなければなりません。
排水桝がコンクリート製の物件も少なからず見られます。この場合、経年劣化によってコンクリートにひびが入ったり、完全に割れてしまったりすることがあります。すると排水桝と排水管の接続部分に隙間ができやすくなり、そこにトイレットペーパーなどの異物が引っかかって流れなくなってしまうこともあり得ます。さらに植物の根っこが成長して、隙間から侵入して下水の通り道をふさいでしまうケースもあり得ます。この場合も工事で隙間を埋めなければ、抜本的な問題解決には至りません。

依頼前には見積もりを取ることが大事


排水管工事を依頼する場合、やはり無視できないのは費用としていくら程度かかるかではないでしょうか。費用に関してですが、これは作業内容が個別のケースによって変わってきます。このためケースバイケースになって、一概にいくらとは言えません。例えば管を設置する場合、どのくらいの長さのものを用意するかによって変わってきます。その他にも先ほど紹介した排水桝にひび割れなどの問題があれば、修理すべき排水桝の個数も料金に影響します。掘削作業をする場合には、どの程度の範囲を掘るかによっても費用は違ってきます。さらにコンクリートのはつり量やモルタル補修量なども案件によって変わってきてしまいます。
排水管の工事の場合、距離によっていくらと決められるケースが一般的です。そうするとどの程度の範囲で修理などの作業を行うかも価格を決める重要な要素になります。どの程度の距離を補修するかは、トラブルの症状によっても変わってきます。ですから実際に作業を依頼する前に、見積もりを取るのがおすすめです。無料見積もりを実施していますし、もし見積書の内容で納得できないようであればキャンセルも可能です。その場合でもほとんどの場合見積料金を後日請求されることもないです。これなら気軽に見積もりの依頼もできるでしょう。見積書が出てきたときに、内容についてわからないところがあれば、担当者にきちんと確認しましょう。この時自分が納得できるまで丁寧に説明してくれる業者であれば、信頼のおける優良業者であると見わけもつきます。

次の記事へ

施工対応エリア

東京都全域対応(西多摩部・離島を除く)
埼玉県全域対応(秩父市・秩父郡を除く地域)
横浜市全域・川崎市全域・葉山町・相模原市・座間市・綾瀬市・海老名市・厚木市
松戸市・市川市・浦安市・船橋市・習志野市・鎌ヶ谷市・八千代市・千葉市・柏市・流山市・我孫子市・野田市・市原市・木更津市・君津市(北東部除く)

ページ
トップ

無料お見積