お問い合わせ・お見積は完全無料!

0800-800-7388 《首都圏対応》     受付時間 平日8:30-18:00
無料お見積はこちらから

給排水工事のサンコウ設備TOP > コラム > 水回りの劣化に給水管の更生工事を

水回りの劣化に給水管の更生工事を


集合住宅で起こる給水管のトラブルとは


日本では蛇口をひねれば当たり前のようにきれいな水が出てきますが、この水を供給するための設備は建物によって実に様々な方法が採られています。特にマンションなどの集合住宅の場合は、建てられた年代などによって使われている素材や工法が異なるため、年数が経過するに従って思わぬトラブルが発生してしまうこともあります。生活を続けていく上で設備の劣化は避けて通ることのできない問題ですが、ある日突然水道水に異変が起きてしまった場合には、大規模な更生工事を行う必要があります。
しかし、集合住宅全体で水道管の総交換を行うのはかなりの期間がかかるだけでなく、費用も膨大なものとなります。建てられた年数によって水道管に使われている素材も異なるため一概には言えませんが、20年を越えるとトラブルが出やすくなってくるので注意が必要です。集合住宅での給水管のトラブルにはどのようなケースがあるのか、またそれを改善するための方法などについてもしっかりと確認しておくと良いでしょう。

集合住宅の大規模な給水管の交換は難しい


水道の給水管が老朽化すると、生活にも様々な影響が出てきます。配管の腐食が進むことにより、さびがこぶ状になったものやスライムが付着すると水の出が悪くなってしまいます。また、赤く濁った水が出てくるといった症状が現れることがあります。不便になるだけでなく、衛生面でも不安が出るため早急に改善したい問題となるでしょう。
こうなると、いっそのことマンションの配管全部を総交換してしまえば良いのではないかと考える人もいるでしょうが、室内や屋外を巡っている排水管はできるだけ人目につかないように普段は目につかない場所に隠されています。そのため、交換工事を行うには費用の負担が大きくなるという点と、床や天井なども開く必要があるため住んでいる人は長期にわたって不自由な生活を余儀なくされてしまうという問題が出てきます。
そこで、まだそこまで大きく劣化が進んでいない場合には、交換工事ではなく現在使われている配管を更生させる方法を採ることがあります。給水管の更生は、管内にたまっている水垢やスライムなどの付着物を取り除いた後で防さび用の塗膜をつくり、給水管を延命させるという措置です。管の中の汚れやさびを取り、表面を加工することによって、下がっていた水量を通常に戻し、赤水を防止することができます。この方法を使えば、天井や床を開く必要はないため、住民にかかる負担も少なく、また費用も抑えることができるというメリットがあります。
こうした給水管の更生法は25年以上前から行われていますが、技術の向上や改良が繰り返されることによって高い品質で工事を行うこともできるようになりました。年数が経過しているマンションでは給水や排水のトラブルも頻繁に起こるようになります。そのため、普段から定期的に検査を行ったり、ちょっとした異変に気付いたら早めに対応したりすることが事態を悪化させないポイントになります。

給水管の更生工事、具体的なやり方について


昭和30年から40年代に建てられた古い集合住宅では、給水管に鉄製の管を使っていることが多く、水道水に含まれている塩素や水温の影響により、長く使うことで管の内側にコーティングされていた亜鉛が剥がれさびた鉄が流れ出るようになることが多く見られました。これにより赤水が出たり、さびが固まって水の出が悪くなったりといった影響が出てきます。
それ以降は硬質塩化ビニルライニング銅管が使われるようになったものの、継ぎ手の部分は変わらず、昭和60年代頃まで使われていた管では継ぎ手がさびて水が漏れ出るということも起きています。その後は防食継ぎ手が開発されることになり、また塩化ビニルライニング銅管の他にステンレス銅管も出るようになりました。
こうした技術の向上により昔と比べると給水管の耐久年数はぐっと上がりましたが、定期的な点検やメンテナンスは必要です。更生工事の具体的な方法は各企業によって様々な工法がありますが、まずはどれくらい配管が傷んでいるか調査と診断を行い、更生工事が可能と判断されたら高圧ジェット水やサンドブラストという細かい珪砂を吹き付けて管の中のさびや汚れをきれいに落とします。その後さびを防止するライニングという塗装を行い、全てが完了したらチェックして復旧させます。
更生工事を頼む際にはいくつか注意すべき点があります。さびなどを落とす清掃の際に、もろくなってしまった配管を傷つけてしまうこともあるため、細心の注意を払いますが、それでも管が破れてしまうことがあります。こうした時にすぐにきちんとリカバリーできる技術のある業者を選ぶことも重要です。また、破損した部分の配管を交換することになった場合にはその分の費用をどのようにするのかなど、細かい部分も事前にきちんと確認しておくことをおすすめします。高い技術力も要求されるため、業者を選ぶ時には工事の実績などもしっかりチェックしておきましょう。更生工事にかかる期間は全て交換するよりも短いとは言え、マンションの規模や管の本数などによって異なるためその点も考慮しておきましょう。

次の記事へ

施工対応エリア

東京都全域対応(西多摩部・離島を除く)
埼玉県全域対応(秩父市・秩父郡を除く地域)
横浜市全域・川崎市全域・葉山町・相模原市・座間市・綾瀬市・海老名市・厚木市
松戸市・市川市・浦安市・船橋市・習志野市・鎌ヶ谷市・八千代市・千葉市・柏市・流山市・我孫子市・野田市・市原市・木更津市・君津市(北東部除く)

ページ
トップ

無料お見積