お問い合わせ・お見積は完全無料!

0800-800-7388 《首都圏対応》     受付時間 平日8:30-18:00
無料お見積はこちらから

給排水工事のサンコウ設備TOP > コラム > 給水管の更新・補修は定期的に必要

給水管の更新・補修は定期的に必要

給水管の更新・補修のタイミング


給水管の更新・補修を定期的に行う必要があるのは間違いありません。どのタイミングで行うのかは各建物の管理組合や管理会社の方針次第ではあるものの、そのまま放置するわけにはいきません。一般的にはまず10年ほどで水道メーター周りの劣化がはじまり、水道メーター周りの更新工事が必要になります。次に、共有部配管の更新工事も20年ほどで必要になります。そして、その次に共有部における漏水や専用部配管の更新工事が必要になります。つまり、10年から15年で大規模な修繕が必要になると考えて良いでしょう。メンテナンスも行われていない場合は修繕段階になると多額の費用がかかる可能性もあるので、早めの対策をしなければいけません。

水漏れは修繕時期の一つのサインになります。配管の寿命はもって20年であり、水漏れをしているのならすでに更新・補修のタイミングと考えて良いでしょう。水道使用量が前月に比べて急に増えたりなどした場合には注意が必要です。水漏れの原因を特定するのは素人には難しく、専門家の力を頼るのが基本となります。水漏れをしてしまう原因は給水管の劣化であることが多いです。また、給水管が詰まっていると悪臭の原因になり、汚水が逆流してしまいます。それを放置しておくと、ハエやゴキブリなどの害虫が発生する原因にもなります。このようなデメリットがあるため、迅速な対応をするのがポイントです。
赤水に関しても同様です。すでに配管が寿命を迎えている場合、そのまま放置すると配管の劣化はさらに進んでいきます。洗濯物が赤く染まってしまう場合もあれば、サビつぶが出るという場合もないわけではありません。安全できれいな水ではなくなってしまうからこそ、適切な対策が必要になります。水配管の寿命を延ばして赤水のない水を供給するために管更生を行うのも一つの方法です。どういった対策をするにしても、まずは現状に問題がないかを確認しないといけません。

維持するための修繕工事


給水管は使用していくうちに自然と劣化していくものです。そのため、定期的なメンテナンスや修繕工事を行って対応しなければいけません。管路機能の劣化を改善して機能保持を図ることで、事故の未然防止とライフサイクルコストの低減化につながっていきます。また、給水管以外のほかの部分でも点検や調査も行い、異常がないかどうかを調べておくとトラブルを防止できます。古くなった給水管は絶対に取り換えないといけないわけではありません。洗浄やコーティングをすることで、耐久性を高める工事を行う方法もあります。研磨とフラッシング、ライニングやピグライニングを行うことで耐久性を高めることができます。これだけでも水がきれいになり、取り換えに比べると工事費が低コストになるのも魅力です。
目に見えないところで起こる劣化であるため、長い間放置してしまうこともあります。しかし、時間が経つにつれ深刻化し、深刻化してしまった場合は修繕などにより費用も多くかかるので早めの対策が必要です。

給水管の更新・補修に伴う費用について


給水管の更新・補修を行う場合、気になるのはやはり費用面といえるでしょう。どういった対応をするかによって変わっていくので一概にはいえないものの、水道管の改修のみの場合はおよそ10万円が一つの目安になります。これが配管を設置している箇所がむき出しであるか、壁内を通しているかによって費用は異なります。総額に関しては工事箇所の状況によって変わっていくため、調査と見積もりをお願いしたうえで判断するのが良いでしょう。移設に関しても同様に延長する距離で異なるため、注意が必要です。また、マンションの場合は一軒家に比べると工事費用がやや高くなると認識しておいた方が良いです。さらに、床や壁の取り外しや復旧工事も必要になった場合は70万円前後が目安です。このように、どこに設置されているのか、どういった対応かによって費用は大きく変わっていきます。

どれぐらいの費用がかかるかによって給水管の更新・補修を行うかどうかが変わる可能性もあります。そのため、まずはかかる費用を把握しておくのが重要であり、費用を抑えられる方法がないかどうかの模索も必要になります。正確な費用を把握するために、まずは現地調査をしなければいけません。そのうえで、複数社に依頼して比較検討するのも方法の一つです。目安こそあっても、それぞれの業者によって費用が異なることもあります。そのため、複数社に依頼して比較検討すればニーズにマッチしている選択をしやすくなります。給水管の更新・補修を行うことは人生の中でそう多くはありません。後悔せずに失敗しない対応をするためには、どの業者を選択するかがポイントになります。もちろん、業者を決める際には費用面だけではなく、適切な対応をしてくれると思えるところを選択することも大切なことです。

次の記事へ

施工対応エリア

東京都全域対応(西多摩部・離島を除く)
埼玉県全域対応(秩父市・秩父郡を除く地域)
横浜市全域・川崎市全域・葉山町・相模原市・座間市・綾瀬市・海老名市・厚木市
松戸市・市川市・浦安市・船橋市・習志野市・鎌ヶ谷市・八千代市・千葉市・柏市・流山市・我孫子市・野田市・市原市・木更津市・君津市(北東部除く)

ページ
トップ

無料お見積