お問い合わせ・お見積は完全無料!

0800-800-7388 《首都圏対応》     受付時間 平日8:30-18:00
無料お見積はこちらから

給排水工事のサンコウ設備TOP > コラム > 給水管の更新工事はどのようにして行われるのか

給水管の更新工事はどのようにして行われるのか

給水管が古くなってくるとどんな影響があるのか


マンションなどの集合住宅に長年住んでいると、外観や中の設備などさまざまなところに老朽化によるトラブルが現れるようになります。それは目に見えやすい部分だけでなく、普段は特に意識しないような部分でも同様に起こり、築年数が30年を越えた建物では給水設備にも問題が出るようになります。
給水管が劣化して起こるトラブルの例には、管内に錆が生じたり水垢が付着して水量が減る、嫌なにおいがする、赤く濁った水が出てくるといったものが挙げられます。集合住宅の給水管の素材は年代によってさまざまなものが使われてきましたが、昭和30年代から40年代にかけて主に使われてきた亜鉛めっき銅管は、水道水の塩素などによって亜鉛めっきが剥がれると、内側の鉄部分が露出して錆びてきます。錆が少しずつ大きくなり塊になることで水の流れを悪くしたり、赤い水の原因となります。
その後出てきた水道用硬質塩化ビニルライニング銅管によって、配管の腐食は抑えることができるようになりましたが、それでも継手の部分から錆が発生する問題が出てきたため、やがて防食継手も開発されます。これにより飛躍的に配管の寿命が延びるようになりました。しかし、配管の寿命が延びてもいずれ劣化は始まるものです。築年数が30年から35年あたりを経過したら、給水管や排水管の更新工事に踏み切るところも多くなっています。

給水管の更新工事には専有部分への立ち入りが必要


マンションの給水管は通常人目に触れにくいよう、天井や壁、クローゼットなどの裏に張り巡らすようにして設置されています。そのため、給水管を集合住宅全体で丸ごと交換するとなると、かなり大がかりな工事になり、住民の方への負担も大きくなります。
外壁などの大規模修繕工事の場合、共有部分のみの工事となるので、住んでいる方も多少の不便はありますが、室内の専有部分に入られることはありません。しかし、水道管の工事は専有部分にも入る必要が出るため、住民の方の協力が必要不可欠です。そのため、通常は修繕工事のワーキンググループを中心として、数年単位で計画を立てて行われます。全戸の協力を得ることができないと進めることができないため、準備の多くは住民の方へ水道管工事の必要性を訴え、理解してもらうことから始まります。
水道は日常的に利用する部分なので、特に給水管は錆が発生すると衛生面でも気になるものです。更新工事に踏み切るには大きな勇気がいりますが、さらに長く安心して暮らすためにも避けては通れない問題になります。専有部分に立ち入っての工事期間中、住民の方は断水を迫られることもあります。トイレの不自由が出てくるので、専有部分の工事に入る前には、断水になる日時の周知と住民の仮設トイレの設置が行われます。集合住宅全体の工事が終了するまでにかかる期間はマンションの規模や配管の本数などによって大きく異なります。住民側にもそれぞれの事情があるため、各戸にあわせた対応が重要です。

給水管更新工事の手順と注意点


集合住宅の給水管更新工事には専有部分への立ち入りが必要です。そのためにはさまざまな準備が必要であり、住民の方に協力を要請することになります。更新工事はどのような手順で行われるのか簡単に説明します。
給水管の更新工事を行う時、多くの場合排水管も一緒に工事を行います。排水管でも老朽化によって配管が劣化してしまうと漏水などのトラブルが起こるためです。給排水管工事の必要性が出てきたら、まずは配管がどの程度劣化しているか調査を行い、その結果を更新工事の必要性と共に住民へ説明しなければいけません。説明会で住民の理解を得られたら、施工業者の選定に移ります。選定は公募によって行われることも多いです。そして業者が決定したら工事概要説明会を開きます。ここで、工事の大まかなスケジュールや、どのようなことを行うかなどを住民に向けて説明します。
工事で最初に取り掛かるところは共通仮設工事です。現場事務所や資材置場、作業員や住民が使う仮設トイレの設置などが行われます。その後共有部分の工事へと移ります。この作業と同時にマンション内の数戸を選定し協力してもらい、実際に室内工事を行う時に施行上で何か問題や不都合な点が出ないかをチェックします。
こうして室内のテスト施行も終われば、再び住民説明会を開いて具体的な説明を行い、日程を調整したらいよいよ室内工事です。室内工事の際、住民の方に気をつけていただく点は断水のためトイレの使用ができなくなること、天井や床などの一部を解体するためその周辺のものをよけておくことなどがあります。実際に室内に入って工事を行う期間は、作業開始から復旧も含めて数日程度を要します。そのため建物全体の工事が完了するまでには戸数によっては数ヶ月もかかることがあり、給排水管工事はそれだけ大変なものということがわかります。工事が無事に完了するまでの間、住民の方の協力が必要なので何度も会議や説明会を通して理解と協力を得ることも重要です。

次の記事へ

施工対応エリア

東京都全域対応(西多摩部・離島を除く)
埼玉県全域対応(秩父市・秩父郡を除く地域)
横浜市全域・川崎市全域・葉山町・相模原市・座間市・綾瀬市・海老名市・厚木市
松戸市・市川市・浦安市・船橋市・習志野市・鎌ヶ谷市・八千代市・千葉市・柏市・流山市・我孫子市・野田市・市原市・木更津市・君津市(北東部除く)

ページ
トップ

無料お見積