お問い合わせ・お見積は完全無料!

0800-800-7388 《首都圏対応》     受付時間 平日8:30-18:00
無料お見積はこちらから

給排水工事のサンコウ設備TOP > コラム > 給水管を診断する適切なタイミングとは?

給水管を診断する適切なタイミングとは?


水道料金が上がった時や、水が出なくなった時、また、水に色が付いている時や異臭がする時には、給水管の診断が必要です。水が出ない原因として、水道管の劣化によるひびがあります。この状態を放置すると漏水により水道料金がかさんでしまうことが考えられます。サビも原因のひとつです。さらに、草のような異臭の原因は、カビや藻の発生が考えられます。そのようなトラブルがあった時は、専門家へ診断を依頼しましょう。


最近、「水道料金が上がってしまった」「なぜか急に水圧が弱くなった…」と感じることはありませんか?また、水道の水に色が付いている、異臭がするということはありませんか?
実はそれが、給水管の劣化が進んでいる証拠かもしれません。
今回は給水管を診断してもらうタイミングがいつなのか、またその原因はどこにあるのかご紹介いたします。


給水管を診断するタイミングは漏水や色のついた水が出る時!



給水管の診断を依頼するタイミングは、水が漏れていたり、赤や緑の色がついた水が流れ出てきた時をひとつの目安としましょう。また、異臭や異音も検討し始めるポイントです。

漏水が起こると水道料金がかさんでしまう


「使用量は毎月変わらないはずなのに、最近は水道料金がやけに高い!」という方は給水管を診断しましょう。
給水管が長年の使用による劣化で破裂したり、ひびが入ったりしていると、破損箇所から水が漏れて水道料金がかさんでしまいます。東京23区内なら、ほんの少しの漏水でも1ヵ月で50,000円以上(約150立方メートル)かかるとされています。

これを防ぐには専門家の診断を受けた上で修理が必要となりますが、漏水は目に見えない箇所でも起こる可能性を秘めています。
漏水をいち早く察知するには、水道メーターのパイロットと呼ばれる金属部分をチェックすることが欠かせません。
家の中で水を使っていないにも関わらず、パイロットが動いている場合は漏水が起きている証拠です。発見したらすぐに対処しましょう。


赤や緑の色がついた水はサビの証拠


赤や緑の水が出るのは水道管の内側のサビが原因です。サビがひどい時には、サビが水道管の中でコブのようになり、水が出なくなることもあります。
敷地外の水道管のサビの場合は、修理代金は水道局持ちとなります。敷地内の場合は、集合住宅なら管理人と相談、持ち家なら自己の負担となります。いずれにせよ、専門家に診断の依頼が必要となります。

異臭はカビや藻が原因


水道から出した水から、草のような臭いがすることも。原因としては、マンションなどの集合住宅で、貯水タンクを使っている場合、タンクの内側に藻が発生することが考えられます。
異臭がした時は管理会社に依頼して点検してもらうのが良いでしょう。

異音がする時は繋ぎ目をチェックしよう


ほとんどの蛇口は金属製なので、金属と金属の間にクッションのようなゴム製の器具が使われています。
蛇口の異音でまず疑うのは、ゴムがすり減って金属同士がぶつかっていることです。放置すると金属部品にも負担がかかり、水漏れにも繋がる恐れがあります。
ゴム製の器具は消耗品なので、自力で交換が可能な場合もありますが、心配な時は専門家に依頼しましょう。

その他の原因の異音としては、水道から流していた水を止めた時に、壁の中で物を叩くような音がするケースがあります。
これは「ウォーターハンマー現象」と言われ、水道管の異常ではありません。対処法としては、止水栓を少し閉めてみる方法があります。それでも治まらない場合には、水撃防止器の取り付けを検討しましょう。

給水管の耐用年数は15年だけど異変を感じたら迅速な対処を


給水管の耐用年数については明確に定められていませんが、種類や使用条件によって異なります。
ただし、大蔵省令15号『減価償却資産の耐用年数等に関する省令』では、建築付属設備として給水管の耐用年数を15年としています。
前回の診断から15年を超えている場合や、超えていない場合でも、何かしら気になることがある場合には専門家へ相談し、診断しておくと安心です。
「まだ15年も経っていないから診断は要らないな」と油断せず、常に配慮しておきましょう。


給水管のトラブルに気付いたら早めに専門業者へ相談!


給水管に起こるトラブルの原因は様々。急に水道料金が上がった場合や、水が出ないときは専門家に診断を依頼しましょう。
また、水に色が付いていた時や異臭がする時も、専門家に相談すると良し。
少しでもおかしいなと思ったら、大きなトラブルを引き起こしてしまう前に、給水管の診断をしておきましょう。



次の記事へ

施工対応エリア

東京都全域対応(西多摩部・離島を除く)
埼玉県全域対応(秩父市・秩父郡を除く地域)
横浜市全域・川崎市全域・葉山町・相模原市・座間市・綾瀬市・海老名市・厚木市
松戸市・市川市・浦安市・船橋市・習志野市・鎌ヶ谷市・八千代市・千葉市・柏市・流山市・我孫子市・野田市・市原市・木更津市・君津市(北東部除く)

ページ
トップ

無料お見積