お問い合わせ・お見積は完全無料!

0800-800-7388 《首都圏対応》     受付時間 平日8:30-18:00
無料お見積はこちらから

給排水工事のサンコウ設備TOP > コラム > 給湯設備の交換工事をする時の注意点

給湯設備の交換工事をする時の注意点

給湯設備の選ぶ時に注意することとは


簡単な操作ですぐにお湯が出て来る給湯設備は、毎日の生活に欠かせない設備です。故障して使えなくなったり調子が悪くなったりした時は、すぐに修理するか新しい機器に交換しなくてはなりません。具合の悪い機器を無理して使ったり放置しておくと、生活に支障が出るだけではなく大きな事故につながる可能性も出て来ます。機器の性能や品質が向上したことで給湯設備は長期間使えるようになりましたが、一般的には8年から10年程度が寿命とされていますので、設置してからの期間を把握して計画的に交換することが大切です。計画的に機器を交換することで、お湯が使えなくなるだけではなく事故が発生するのを防げます。短期間で工事のスケジュールを調整したり費用を用意したりするのは大変ですから、長期的な予定を立てておくことが重要です。
交換する機器についても、調べておかなくてはなりません。慌てて設置する機器を選ぶと、後になって違う機器にすれば良かったと後悔することになってしまいます。機器選びで最初に確かめるべきなのは、給湯設備がどこに設置されているかです。設置場所によって機器のタイプが違ってきますから、現在どこに設置されているのかを確認しましょう。一戸建ての場合は壁掛けか据え置きのタイプ、集合住宅の場合は壁掛けか埋め込むようなタイプなどが多くなっています。そして、給湯能力も調べておかなくてはなりません。給湯能力は1分間で25度のお湯をどの位給湯できるのかを表すもので、1分間で16リットル給湯できれば16号となります。1から2人家族なら16号、2から3人家族なら20号、4から5人家族なら24号が目安とされます。家族構成が変化した時は、適切な給湯能力を持った機器に変更することも検討しましょう。

交換作業を依頼する業者の選び方


どのように交換工事を依頼するのかも重要です。給湯設備の工事をガス会社やメーカーに依頼する人も多いですが、実際に工事するのは下請け業者となります。ガス会社やメーカーに任せれば安心と思っていても、設置については下請け業者の技術に左右され、工事の費用が高めになってしまう可能性があります。広告を出している販売業者を利用する人もいますが、販売する機器は業者の都合によって売りたい機器や古い機種をすすめて来ることもあります。そのような機器を大幅に割り引いて提供すると言って来ることもありますが、機器の性能などを十分に調べないといけませんし、安くした分を工事代金に上乗せしてくることもありますので、見積もりの内容を詳しく調べなくてはなりません。
このようなことを考えると、工事は設備工事を専門にする業者に依頼することも検討するべきです。工事する業者を自分で選べば、ガス会社やメーカーなどに依頼した時のように、どの業者が来るか分からないといったことがありません。工事を専門にする業者なら技術も確かですし、費用も割安で依頼することが可能となります。専門の業者を探すには、インターネットを利用するのが簡単で便利です。実績なども掲載されているので、業者の内容がよく分かります。施工対応エリアについても具体的な地域名をあげていますので、依頼しようと連絡したら対応エリア外なので断られたということがなくなります。設備が故障した時には時間を掛けて業者を探す余裕はありませんから、日頃から時間を見付けて業者探しをしておくと安心です。

どんなことに注意して業者を選ぶか


給湯設備の工事を依頼する業者を見付けたら、電話や業者のサイトに連絡をして見積もりをもらいますが、その時の対応にも注意しなくてはなりません。対応が悪かったり返事が来るまで時間が掛かったりするようなら、別の業者を探した方が賢明です。そのような業者では、その後の対応も良くない可能性が高いでしょう。聞いたことにきちんと答えてくれて、すぐに対応してくれる業者を選ぶべきです。見積書の内容についても、詳しくチェックしなくてはなりません。全体の金額だけが書かれていたり、分かりにくい内容の見積書をもらったりした時は、しっかりと詳細について説明してもらう必要があります。工事内容がよく分からないまま依頼してしまうと、思っていたのと違う工事をされてしまうことになりかねません。
さらに、アフターサービスはどのようになっているかも確認することが大切です。給湯設備は長期間使う機器なので、設置した後に調子が悪くなった時のことも考えておかなくてはなりません。設置したら後のことは知らないという業者は避けて、後々までしっかりと面倒を見てくれる業者であることを確かめる必要があります。どの業者に依頼しても同じだろうと考えていると、故障ばかりしていたり本来の寿命よりも短い期間しか使えない可能性もあります。適切な給湯設備を選ぶと共に、高い技術を持ち信頼できる業者に工事を依頼することが重要です。

次の記事へ

施工対応エリア

東京都全域対応(西多摩部・離島を除く)
埼玉県全域対応(秩父市・秩父郡を除く地域)
横浜市全域・川崎市全域・葉山町・相模原市・座間市・綾瀬市・海老名市・厚木市
松戸市・市川市・浦安市・船橋市・習志野市・鎌ヶ谷市・八千代市・千葉市・柏市・流山市・我孫子市・野田市・市原市・木更津市・君津市(北東部除く)

ページ
トップ

無料お見積