吸排気弁交換工事
東京都・5階建て 27世帯

給水工事
Yマンション
5階建て 27世帯
2020年12月
東京都
16年
-
今回は吸排気弁の交換工事事例です。 吸排気弁とは、増圧給水方式の際に設置される器具で、建物の通る竪管の最上部(最上階PS内)に設置いたします。 水と一緒に空気も配管を通ってきてしまう為その空気を吐き出すという役割と、配管内が真空状態にならないように先程の役割とは逆に必要な空気を吸う役割を果たす器具となっていますが、直結方式ではない受水槽のある加圧給水方式の場合は、エア抜き弁といった空気を吐き出す役割のみの器具を同じ場所に設置します。 このような器具(吸排気弁、エア抜き弁)が故障してしまうと、部屋内に空気が入ってきてしまいウォーターハンマー等の原因になってしまいます。 このウォーターハンマーという現象は、配管内に空気が溜まり、水を使用する度に配管が空気により振動を起こし異音が発生してしまう現象です。 部屋内に空気が入ってしまった場合、自然に抜けていくのを待つしか解消方法がない為、その現象が発生しないよう事前に対策をすることが大切になります。 建物の築年数等を把握し、不具合が起こる前に交換して対策をすることをおすすめしております。

ページ
トップ

無料お見積